お宮参り

神社へのお宮参りは、神様へお子様の成長の御礼とともに、今後の健康と幸福をお祈りする習わしです。

参拝の時期

男児は生後31日目、女児は生後33日目と言われますが、その風習も地域により異なるようです。
だいたい約1か月後に参拝される方が多いのですが、最近では100日過ぎてから、お食い初めのお祝いに合わせて参拝される方も増えているようです。

装い

他の参拝時と同様に「神様に失礼のないきちんとした服装」というのが基本になります。

ご祖母様やお母様
昔は家紋の付いた色留袖が主でしたが、近年では略式の訪問着をお召しになる方も増えているようです。

お子様
初着(うぶぎ)という一つ身の着物を、だっこした上からケープのようにかけます。そして初着には、お守りやでんでん太鼓などの玩具をじゃらじゃらと、健やかなご成長を祈って結びつけていましたが、最近は省略される方が多いようです。

 

このように、お子様のために祈る日は、ぜひお着物で参拝したいですね。