きもの入門

皆さまの着物の疑問にお応えする「きもの入門」。
まずは着物の種類についてご紹介します。

■着物と浴衣

着物:下に襦袢を着るため「衿が二重」になる。
   素材は絹・麻・綿・ポリエステルなど。

浴衣:下に襦袢を着ない(衿が無い肌襦袢だけ着る)ため「衿が一枚」
   素材は大半が綿。まれに絹・麻もある。

■浴衣の歴史

浴衣の始まりは、高貴な人々が入浴時に着た湯帷子(ゆかたびら)というの白無地のものでした。江戸時代に木綿が普及し、後期には庶民が風呂屋の湯上りに着たり、そのまま寝巻(パジャマ)にするようになったそうです。

やがて大量生産でもデザイン性が高い布地の発展に伴って、普段着としても着られるようになったのが現代の浴衣ですので、普段着(カジュアルスタイル)の中でも、もっともラフなTシャツのような存在と思うと良さそうです。

■季節毎の着物

袷(あわせ)<10月~5月> 裏地が付いた着物

単衣(ひとえ)<6月、9月> 裏地が無い、涼しい着物

夏物<7月~8月> 裏地が無く「絽(ろ)」「紗(しゃ)」など透け感ある織り方の素材の着物

※紗袷(しゃあわせ)という、紗を二枚重ねて、下側に描かれた柄が“透けて見える”風情を楽しむ、初夏限定の着物もあります

 

肌着(インナー)の選び方> 着付けの必要アイテム>