着物の防寒対策・インナー編

初詣はお着物でお参りしたいけれど寒さが心配、という方声も聞かれます。
着物用のコートや羽織もお貸しできますが、ご自分でもご準備できそうな、おすすめの防寒対策をご紹介します。

腕の防寒

着物の袖は、洋服のように腕に密着しないため、腕が冷えがちです。

長袖インナー

<ご注意点>
・衿周りが詰まったインナーは避けましょう。インナーがはみ出すと、首後ろの襟足の美しさが損なわれます。
・暖房が強い場所では、脱ぐことができないので、行先に応じて考えましょう。

アームカバー

運転中の日焼け防止などに役立つアームカバーですが、気温に応じて着脱可能なため、着物の下にこっそりつけるのにも便利です。

足の防寒

着物のボトムはロングスカート、足袋は足首までなので、素足だと足が冷えがちです。

和装用ストッキング(爪先が無いもの)

和装用の爪先が無いストッキングがあると万一見えても安心です。

レギンス(爪先が無いもの)

専用のストッキングが無ければ、爪先が無いレギンスなどが便利です。
ただし、腰ひもや帯があるため、ローウエストの方がお手洗いで整えやすくお勧めです。

足先・爪先の防寒

靴のように足を包み込んでくれない「足袋に草履」スタイルは、足先が冷えがちです。

5本指ソックス

足袋の中に5本指ソックスなどを履いておくと、より暖かく過ごせます。